TOP > CO2Therapy-炭酸ガス療法- > 炭酸ガスによるレーザー照射後の組織再生促進作用

CO2Therapy-炭酸ガス療法-

炭酸ガスによるレーザー照射後の組織再生促進作用

2008年4月9~11日に名古屋国際会議場で開催された、第51回日本形成外科学会総会・学術集会において、うえむらクリニック形成外科(大阪狭山市・植村冨美子院長)と当社の共同研究成果を『炭酸ガスの使用経験』と題して発表いたしました。

炭酸ガスの経皮吸収により、組織再生が促進されることは動物実験でも確認していますが(未発表)、この学会では、炭酸ガスパックが炎症を抑えるとともに、ヒトの組織再生を促進することを、世界で初めて証明しました。また、アンケート結果を見ると、炭酸ガスパックが痛みに有効であることもうかがえます。

 

 

     ※ 本コラムの内容は特定の商品の効果効能・安全性を保証するものではありません

  • 前のページへ
  • 次のページへ

このページのトップへ