TOP > CO2Therapy-炭酸ガス療法- > 炭酸ガスでリフトアップ

CO2Therapy-炭酸ガス療法-

炭酸ガスでリフトアップ

 地球上の生物は常に重力の影響を受けています。私たちが普通に立っていても、足腰や背中などの筋肉が体を支え、重力に対抗しています。筋力や運動能力などは加齢とともに衰えます。足腰が弱くなったり、リウマチや関節炎等が原因となったりして、転んで骨折しやすくなる状態を「ロコモティブシンドローム」と呼び、寝たきりにつながる危険性が高いため、日本整形外科学会が啓蒙活動を始めています。

 最近は表情筋を鍛えることによる、活き活きとした表情作りが話題になったりするようですが、表情筋を含めた顔の筋肉も、老化などに伴って筋力が衰え、その結果頬がたるんだり、顎が垂れてきたりします。頬のたるみは肌の張りの衰えが原因だから、張りを取り戻す化粧品で解決できる、などと思っている人もいるかも知れませんが、より重要な原因は筋力の衰えであり、表情筋等の筋力を強くしなければ、重力に対抗して肌の張りを取り戻すのは困難です。顔.jpg

 瞼の垂れ下がり(眼瞼下垂)は視力などにも影響するため、保健適応の手術対象になることもありますが、頬のたるみや二重顎は病気ではないし、でも気になる、どう対処したらいいか分からない、という人が多いと思います。これらは筋力の衰えが問題なので、要は筋力トレーニングが必要になります。

 筋力は、実は年齢に関係なく、鍛えれば鍛えるほど増強されます。実際に、80歳の筋骨隆々としたボディビルダーをテレビなどで見た人もいると思いますが、筋肉は負荷をかければ、それに対抗できるように反応します。重いものを持つ回数が多かったり、時間が長かったりすると、自然と筋肉がつくというのは、日常経験することですが、顔の筋肉も鍛えれば、垂れ下がった瞼が上がって目元がぱっちりとし、ゆるんだ頬がピンと張って若々しい表情になり、垂れ下がった顎がきゅっと引き締まってシャープな印象に変わる、という期待が持てます。

  しかし、筋肉を鍛えるには、普段その筋肉にはかからない負荷を、一定時間以上かける必要があります。足腰の筋肉ならスクワット、腕ならダンベルを使えば良いというのは誰でもすぐに思いつきますが、顔の筋肉はどうやって鍛えればいいのか?そもそも、そんな方法があるのか?いよいよ今回のテーマの本題に入ります。

 腹筋.jpg ネオケミアでは、炭酸ガスの経皮吸収により、筋肉疲労が取れそうだということに気づき、神戸大学医学部整形外科(黒坂昌弘教授)と共同研究を開始しました。その結果、筋力トレーニング後に炭酸ガスを経皮吸収させると、トレーニングで低下した筋力がすぐに回復するだけでなく、なんとトレーニングをしていなかった筋肉の筋力が増強することを発見したのです。

ヒト筋力増強グラフ.jpg


 ただし、筋力測定は、被験者がどれだけ「気合い」を入れるかで変わってしまうため、このデータだけで本当に炭酸ガスに筋力増強作用があるとは言えません。そこで、ラットを使って実験したところ、炭酸ガスによって筋力トレーニングと同じ変化がラットの筋肉に起こり、本当に筋肉量が増えることを確認できました。

ラット筋湿重量増加.jpg

 これらの成果をまとめて特許出願し、スーパー早期審査制度を利用した結果、非常に短期間で特許化されました。
 

 さて、もうお分かりだと思いますが、炭酸ガスパックによる顔のリフトアップ効果を感じる人も多いと思いますが、その効果は表情筋等の筋力増強作用による可能性があるということです。表情筋などの筋力が増強するかどうかは、もちろん直接実験することができません。しかし、これまでの実験結果と、そこから導き出される理論から、足や腕だけでなく、顔の筋肉が鍛えられても不思議はありません。

 また、筋肉が鍛えられると、筋肉細胞内のミトコンドリアが増え、有酸素代謝が活発になって糖や脂質の分解が進みます。筋力トレーニングにより、いわゆる「有酸素運動=エアロビクス」効果が得られることが分かっていますが、炭酸ガスパックの小顔・部分痩せ効果を感じることができるのは、やはり炭酸ガスによって、パックした部分の筋肉がトレーニング効果(ミトコンドリアの増加と活性化)を得られる、すなわち脂肪の分解が進むためと予想されます。

 筋力トレーニング効果が得られる、効果的な炭酸ガスパックの使用回数やパック時間はまだ検討中ですが、当社社員が60日間毎日パックしても特に現時点で問題は認められていません。

 なお、今後研究の進展に応じて、随時炭酸ガスの筋力等に関する情報をお届けしますのでお楽しみに。

    
※ 本コラムの内容は特定の商品の効果効能・安全性を保証するものではありません

 

  • 前のページへ

このページのトップへ